小山で眼科をお探しなら斎藤眼科へ。栃木県小山市・栃木市、茨城県結城市・筑西市・古河市などから多数ご来院。小山コンタクトレンズセンター併設。

JR小山駅東口から徒歩5分

時間予約優先になります。
事前に日時指定予約をされた方が優先になります。

0285-22-0413

鼻涙管閉塞症・涙嚢炎

<涙液の流れ>

 涙腺→眼表面→涙点→涙小管→涙嚢→鼻涙管→鼻腔

 

<鼻涙管閉塞症とは>

  涙液の流れ道のどこかが閉塞すると、痛みもないのに涙が止まらない状態になります。先天性と後天性に分かれます。

 

  先天性は鼻涙管の形成異常で、出生直後から常に流涙と眼脂が起こりますが、1年以内に約90%が自然治癒するため、まずは経過観察を行う事がほとんどです。治癒しない場合、抗菌薬の点眼と涙嚢マッサージを行います。それでも改善しない場合はブジーという細い金属の棒を涙点から鼻涙管に挿入し閉鎖部を突いて開通します。

 

  後天性は、鼻炎や蓄膿症、結膜炎などにより起こる事があり、高齢者に多くみられます。まずは涙点から細い金属の針を用いて生理食塩水を注入し鼻や喉の奥に流れてくるかどうか調べます。場合によってはブジー、または病院に紹介して手術を行う事があります。

  手術は、細くて柔軟なシリコン製チューブを上下涙点から鼻涙管に挿入し、鼻涙管内腔を確保して留意します。チューブを抜いた後に再閉塞した場合や慢性涙嚢炎がある場合は涙嚢と鼻腔を隔てている骨に穴を開け、涙嚢と鼻粘膜を直接つなぐ涙嚢鼻腔吻合術(るいのうびくうふんごうじゅつ)を行います。

 

<涙嚢炎とは>

  鼻涙管の主要部分である涙嚢に細菌感染が起こり、流涙に加えてめやにが出る状態を言い 急性と慢性に分かれます。

  急性涙嚢炎は涙嚢周辺部に痛みを感じ、発赤し、腫れて大量にめやにが出ます。慢性涙嚢炎は疼痛、腫脹はありませんが、涙嚢部分の皮膚が赤くなったり膿状のめやにが出ます。抗生物質の点眼または内服で治療します。

 

ご予約はこちら

ご予約は、24時間受け付けております。下記をクリックして下さい。

待ち時間を出来るだけ少なく、診療をスムーズにするための予約システムですので、事前に予約をとってから来院されるようご協力よろしくお願い致します。

ご予約はこちら

便利な予約システムでのご予約を、24時間受け付けております。
下記をクリックしてください。

診療時間・受付時間

診療日
 
午前××
午後××
診療時間

午前 9:00~12:00
午後 14:30~18:00

△土曜は16:30まで

受付時間

午前 9:00~11:45
午後 14:30~17:45

△土曜は16:15まで

休診日

木曜日、日曜日、祝日

お電話でのお問合せ

0285-22-0413

便利な予約システムをご利用ください